« (再) | トップページ | 続き »

2008年6月13日 (金)

ラストスパートですか?

ラストフレンズ最終章の10話


なんていうか…
未遂で良かった…!!
(心から)

でもさ、大半の人は未遂でも、深くてでかい傷と影は残るはず。

心配かけまいと、普通を装うルカ。
でも、痛々しい。

そして週刊誌でも書かれる。
エリーには全部嘘だ告げ、また独りで傷つく。
タケルがルカに問いかける。
ドラマならではのタイミングの悪さで
ミチルに聞かれる。
戸惑うミチル。
戸惑うのは
ルカの想いにはどうしても応えられないから。

また週刊誌を見て父がルカに会いに来た。
…タケル。片腕なのにバーテンのバイトやってるのか…(笑)
すぐには受け入れらる無いが、理解しようと歩み寄ろうとする父。

あたしはいいと思う。さすがにすぐには無理だろう。

しつこいソウスケにエリーの説教一発。
エリー、何気にカッコイイ。勇気あるよな…

ミチルは、また罠にはまる。
学習しようや(笑)

ソウスケの部屋で自分がルカにあげたお守りを見つけ問い詰める。

ルカを侮辱する言葉に震えるミチル。
フラッシュバックする記憶。
いつも
静かに
だけど強く
自分の幸せを願い
守ろうとしてくれたルカの姿。

ミチルは、愛の形を見たと思う


そしてソウスケ最低。
最も低いとかいて最低。
ミチルに無理矢理性的暴行。

酷すぎます。

ミチルは悲愴な願いをソウスケに約束させる
大事な友達を
ルカを
タケルを
傷つけないで。
守ってくれたらずっとここにいて
何度でもこうしてあげるから。

泣き止まないミチルに
戸惑い苛立つソウスケ
「どうして泣き止まないの?」
って
てめーのせーだろが!!
力だけの欲望では愛は手に入らない。
北斗の拳のシンの時からの世界の法則です。
ソウスケは憐れなピエロです。

ミチルの持ってたシェアハウスでの皆との写真。
きっとソウスケと暮らすようになってから見ることが叶わなくなった笑顔なのだろうな。


翌朝ミチルが目覚めると
真っ白なドレスを抱きしめ赤く染めて横たわるソウスケ。

Σ自害??!

大会の日のルカ。
家族は父から聞いたのかぎこちないが
父が諭し
応援してくれるようだ。

バイクのハンドル近く、
そこに無いお守りをそっと握りしめる仕草。
「行くよ。ミチル」
静かなルカの声に痺れた。


次回最終回。
ミチルの「裏切り」が気になる。
まだ出てないのか。なんなのか。

結婚式は誰と誰なのか。
勝利会見?で何を話すのか…

|

« (再) | トップページ | 続き »

ドラマ感想」カテゴリの記事

コメント

恋愛経験の多いエリーだからこそソウスケにああ言えるんだろうなあ。カッコいい。
しかし、ルカに週刊誌のこと「そうだったんだね」と言えなかったのは、多数派の恋愛だけが正しいと思い込んでるからだろうな。
エリーは孤独とか恋愛経験の豊富さとか持ち前のオープンさから、普段からよく恋バナするよねー。
それって異性愛者にはとっつきやすい人はいるかもだけど、ルカにはダルいよ、きっと。
お互い話に共感するほど友情や愛情がわくのを、ルカはこれまでの人生で本能的に学習してるのよな。


ミチルはミチルでアレ、罠かかってもしゃーないような気がしなくもないけど…どう?海清殿?
人間、嫌なことはとっとと終わらせたいし、心のどこかでソウスケがちょっとでも変わることをまだ願ってるのではなかろうかなと。

投稿: がい | 2008年6月16日 (月) 12時21分

そうだなー。
ミチルは優しいというか、お人好しというか
また、本当に好きになった人だからこそ、嫌いになりきれない部分があって、信じたかったんだろうなあ。

サイトの予告で、最終回にのこと少し知っちゃったので、これ以上は語りません(笑)

投稿: 海清 | 2008年6月16日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021369/21592225

この記事へのトラックバック一覧です: ラストスパートですか?:

« (再) | トップページ | 続き »