« メール来てたし。 | トップページ | うはあ。 »

2008年5月23日 (金)

幸福の残り時間

ラストフレンズ7話

タケルに自分を伝えようとした矢先の、タケルの告白。

ルカは言えるわけも無く、「応えられない」というだけしか出来ない

それはそうだろう。性別を感じさせないタケルにルカは心を許したのに

その相手からは「女と見ている」といわれたわけだから、「自分は男だ」とは言えないだろう。

変わって、出るのは「ミチルを支えて欲しい」という言葉。

ルカは、それから嘘を、重ねて重ねて

タケルを、ミチルを遠ざけて行く。

その間にも、ソウスケのルカへの嫌がらせは、エスカレートして行き

ルカは嘘にさらに嘘を塗りつけ、固めていく。

誰も支える人も居ず、前回は甘えられたタケルに甘えるわけに行かず

ミチルはソウスケに別れを告げた。

少しの成長が見られた。

冷たいルカに戸惑うミチル。

そして、自分を慰め支えてくれたタケルに惹かれていく。

って、オイ!!!!

ミチル惚れるの早ええな!!wwww

寄り添うミチルの肩を、ぎこちなく抱くタケル。

忘れた携帯を取りに来たルカは、それを見てしまい

自分で仕向けたこととはいえ、傷つき、また嘘で固めていく。

ルカの「解放」はまだまだ遠い。

ソウスケは、母親が帰ってこないという少年には、滅法優しいお兄さんだ。

自分と重ねているのかもしれない。

母親を見つけて、遮断機の閉まった踏み切りを超えて転んだ少年を助ける為に

ソウスケは、遮断機を潜り…(次回に続く)

というか、「OPでソウスケの、片腕映ってないのは何故?

無くしちゃうの?」

って、コメントされてるのを見たことがあるのですが…この引きでは、ありうる事ですね。

タイトルは、今回のミチルのモノローグ

「ルカと一緒に居られる、幸福な残り時間は

思っていたよりも凄く短かった」と、いうようなことを言っていた。

それは、一話の冒頭に触れられた「恐ろしい出来事」の幕開けなのだろうか。

12話編成かと思ったら、11話編成らしい。

次回あたりからスピードが上がるのだろうか

それはそれでどうなのか…

もっと、じっくり描いて欲しいのだが…。

|

« メール来てたし。 | トップページ | うはあ。 »

ドラマ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021369/21123345

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の残り時間:

« メール来てたし。 | トップページ | うはあ。 »